トップに戻る

【コラム】ヘリンボーンフローリングの施工方法。

アウトレット無垢フローリング

Newsニュース

【コラム】ヘリンボーンフローリングの施工方法。

2015.9.16

投稿:やまもとふみこ

ヘリンボーンと言う言葉をご存知ですか?

訳すと ニシンの骨。

建築用語では、 「 フローリングをヘリンボーンで張る 」 と言ったように使われる用語で、西洋で古くから高貴な方の住まいに多く取り入れられてきた無垢フローリングの張り方の一例です。

寄木の様に細い材料を組み合わせ、ニシンの骨の様な細かな模様を作っていくので、仕上がりはたくさんの木目が交差した重厚感のある個性豊かな表情がとても魅力的な無垢フローリングの張り方の一つ。

その独特な雰囲気に魅かれ、無垢のヘリンボーンフローリングのお問合せを多々頂くようになりました。

 

IMG_5204

今回はこれまでの施工事例から、無垢フローリングでのヘリンボーン張りの材料や施工について工事中の事例写真を交えて詳しくご紹介致します。

 

まずは材料のご紹介。

こちらはチークで作られたヘリンボーン張り用のフローリング材です。

写真の奥に写っているのが一般的なチークの乱尺無垢フローリングで、幅は約9cmほど。

それに対して手前に並んでいるヘリンボーン用の無垢フローリングのサイズは 幅6センチ×長さ42センチ。

一般的な無垢フローリングの材料よりも、ヘリンボーン張り用の無垢フローリングは細く短いことが分かります。

 

DSC_1165

 

ここからは施工の様子のご紹介です。

無垢のヘリンボーンフローリング張りの作業は熟練の大工によって進められて行きます。

まず初めの作業は墨出し。

床面に基準となる線を引き、細かく採寸した室内に、ヘリンボーンの模様が美しく並ぶよう割り振る作業です。

墨出しが済んだら、張り初めの位置と、材料のサイズ、部屋の細部の納まりなどを考慮し、全体の仕上がりのイメージをしっかりと固めてから無垢フローリング張りの作業開始。

規格化された合板のフローリングと違い、一本一本が木を伐り出して作られた無垢フローリングは、一本一本の木目の色合いや状態を確認し節が出ていたり、色があまりにも違っている材料等は選別しながら並べて行く必要があります。

この様に無垢フローリングの美しい仕上がりは、熟練の大工による知識や技術だけではなく、材料を見極め美しく並べて行くと言う細かな心配りも必要になってきます。

 

IMG_4973

既存の壁やキッチンなどをよけて張る場合通常のフローリングであれば、壁面に対し必要な長さ分の一本のフローリングの幅を調整すれば納まるのですが、張り方が複雑なヘリンボーン張りは一本一本の長さや角度をミリ単位で調整しながらの作業です。

また、無垢フローリング特有の湿気や乾燥による伸縮を考慮し、無垢フローリングの間にスペーサーを挟み、クリアランスを取る作業も並行して行いますが材料が細かい分、クリアランスの位置や数も必然的に多くなるので「 張っても張っても進まない 」 大工泣かせの張り方でもあるのです。

こうした作業により無垢のヘリンボーンフローリングの場合、通常のフローリング張りの作業と比べると張り手間は1.5倍~2倍ほどの時間が掛かる事になります。

ヘリンボーン張りの施工費が高いのにはこうした理由が絡んでくるのです。

IMG_4978

この写真は、右隅の最後の納まりになるフローリングをはめる作業中の様子です。

最後の1ピースがぴったりと納まるまでミリ単位で材料を加工。部屋の隅の普段は目に入らない箇所こそ、職人の技と努力が集まっているのです。

IMG_4986

最後に入れる部材はこんなに小さな△でした。

隅っこの1ピースをぴったりとはめて、ヘリンボーンフローリングの美しい模様の完成です。

DSC_1240-e1385458432304

 

こちらの写真は、LDKと廊下との見切り部分。

まっすぐに長い廊下を、チークの乱尺で張り、リビング扉の下の見切りからヘリンボーンフローリング張りに張り分けています。

この様に張り分ける事で、LDKのヘリンボーンフローリングがより一層効果的に重厚感を生み出す事になりました。

 

IMG_017

 

通常のチーク無垢乱尺フローリングと比べて、材料費が約2倍。

張り手間は、1.5倍~2倍と、手間暇かけて贅沢な張り方をしているヘリンボーンフローリングではありますが、クラシカルなインテリアにも、モダンでスタイリッシュなイメージにも馴染が良く

無垢フローリングでのヘリンボーン張りをご希望頂く事も多くなって参りました。

 

今回ご紹介している張り方は ヘリンボーンシングル と言う、一本一本を組み合わせていったものですが

二本ずつを並べたヘリンボーンダブルや、幾何学的な模様を付けて並べるパーケットなど、様々な張り方があり、その違いで生み出される表情もまた個性的で美しい物が多くあります。

「 お値段はあがりますが、きっとご自慢のフローリングになりますよ 」 と私たちが自信を持っておすすめしている無垢フローリングのヘリンボーン張りは

お部屋のインテリアを何倍にも印象的にし、また長く住まいごとに味わいを深めて行く、ご自慢の一部屋を演出してくれる無垢フローリングです。

ぜひ暮らしの中に取り入れて、長くお楽しみください。

 

メールでのお問合せはこちらからどうぞ。

 

 

新着情報一覧

ホーム > 新着情報一覧 > 【コラム】ヘリンボーンフローリングの施工方法。