トップに戻る

【コラム】インテリアイメージに合わせた無垢フローリングの選び方。

アウトレット無垢フローリング

Newsニュース

【コラム】インテリアイメージに合わせた無垢フローリングの選び方。

2017.12.15

投稿:やまもとふみこ

 

キノユカではたくさんの樹種の無垢フローリングを取り扱っています。

 

木目や色合い、固い柔らかいなど、無垢のフローリングと一口に言っても樹種によってさまざまな特徴があるので、どれを選んで良いかわからない?なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

お部屋の中で大きな面積を占めるフローリングの選び方のポイントはお好きなイメージに近づくフローリングはどれか?を考えてみるコト。

 

無垢フローリングそれぞれ色味も雰囲気も違うので、ココではそれぞれの特徴をインテリアの実例と併せてご紹介致します。

お住まいの無垢フローリングを選ぶ際のご参考になさってみてください。

 

* 濃い目の家具でシンプルなインテリア

_DSC8376

黒いアイアンやビンテージの家具、素材感のあるアイテムがお好きな奥様のお好みに合わせて選んだのはクリの幅広フローリング。

クリは色味としては明るめですが、木目の荒々しさがちょっとジャンクな雰囲気が、流行りの男前インテリアやブルックリンスタイルのイメージなどにも良く似合います。

色の濃い家具をスッキリとまとめたいのであればクリがおすすめです。

 

* ナチュラルで明るめのインテリア

IMG_1725

*写真のフローリングはサクラを使用しています

 

ナチュラルなインテリアにはメープルやサクラ、バーチなど、木目があまり主張しなくサラッとした風合いのイメージが合わせやすいです。

木の色合いを活かした家具や、白いファブリック・小花柄の小物などを合わせると優しい女性的な雰囲気を作りやすく、お部屋をぱっと明るい印象にしてくれます。

 

特にメープルとサクラは色のバラつきも少なく、シンプルで清潔感のある雰囲気をお好みの方にもおススメです。

逆に言うと、濃い色の家具が合わせづらい色味になるのでお手持ちの家具とのイメージを良く考えてみると良いでしょう。

 

IMG_0827

 

明るめのナチュラルなイメージにカントリーの雰囲気を足したいならパイン。それ以外に選択肢が無いと言っていいほど定番なパイン材。

節や色味の濃淡があり、合せる家具に寄ってはシンプルにもコーディネートできる素材です。

 

* 落ち着いた重厚感のある家具がお好き、建具の色が濃い目のインテリア

2017

重厚感のあるインテリアを作りたい場合には、カリンやウォールナット、チーク等落ち着いた色味の広葉樹が良く似合います。

上の写真はしっかりと目が詰まった木目と赤みのある色の濃淡で豊かな表情を見せてくれるカリンです。

お手持ちの家具がチッペンデールやロココ調等、デコラティブな家具とのコーディネートでご提案。家具に負けず家具を引き立てる床になりました。

 

IMG0009

 

建具や家具などで色の濃い面積が多い場合にも濃い色の床で統一感を持たせるとビシッとイメージが決まります。

無垢フローリングの特徴として、自然の物を使用しているので一枚一枚のフローリングに色のバラつきが出るのですが、濃い色のフローリングの場合特に、色の濃淡があることで表情豊かなイメージになります。

 

* 和室、畳の部屋

IMG0005

和室や置き畳で和のテイストをイメージに取り入れたい場合におススメしているのが、杉やヒノキなどの針葉樹。

真っ直ぐな木目と赤みのある色合いは和の設えにも、自然としっくり馴染みます。

 

 

ココで挙げたインテリアイメージは一例ではありますが、無垢フローリングの素材や貼り方で、多種多様なインテリアイメージを作る事が出来ます。

お好きなインテリアのイメージに、どんな樹種が似合うのかわからない。等のお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧

ホーム > 新着情報一覧 > 【コラム】インテリアイメージに合わせた無垢フローリングの選び方。